2023年12月の記事一覧

Google for Education 資格取得へ

本日は、Google for Education 認定資格取得のため、一日かけて研修会及び試験を行いました。

本校舎、南校舎併せて28名の先生が受験しました。

 

生徒がタブレットを使えるようになるためには、まず教員自身がタブレットを使いこなせなければなりません。

飯能高校では、生徒一人一台端末を適切に活用するため、教員は日々研修を行い、スキルアップを目指しています。

0

バドミントン部 結果報告

入間地区大会 個人戦

12/24,26に、飯能・入間・所沢・狭山の4市にある高校13校での大会が行われました。

基本的には学年ごとに分かれてダブルスの試合が行われ、以下の成績を収めました!

()内は大会参加ペア数

男子2年(48) 鹿山・大島…6位

男子1年(64) 小出・加藤…ベスト8

       南雲・幡野…ベスト12

       新井・松本…ベスト16

女子2年(44) 嶌内・佐々木…ベスト12

女子1年(40) 太田・古口…優勝 

       綿貫・小笠原…準優勝

 

女子1年の部は、持ち前の明るさを出して決勝での同校対決を実現

0

探究発表会~日本薬科大学~

本日は日本薬科大学で、探究活動生徒発表会が行われ、本校生徒は口頭発表、ポスター発表を行いました。

口頭発表では、「飯能の伝統を未来へ」、ポスター発表では「自己肯定感を高める方策」「高校生のストレス軽減に関する調査」などをテーマに発表しました。

多くの人に発表でき、飯能高校の探究を知ってもらうことができました。

発表した生徒は、「これまでの探究活動を発表した達成感と、発表したからこその課題が見えました。今後の探究活動に活かしていきたい。」と感想を述べていました。

0

冬の説明会も大盛況に終わる

本日は、冬の学校説明会を行い、新校の特色説明、施設見学、個別相談を行いました。

ご参加いただいた受検生は、志望校を悩んでいることと思います。

本校の教育内容をご理解いただき、受検していただけると幸いです。

150人を超える方々に御参加いただき、ありがとうございました。

0

クリスマスを一足早く体験

 山手調理製菓専門学校の畠中先生にお越しいただき、「ブッシュドノエルケーキ」実習を家庭科部

30名の生徒に対して行っていただきましたキラキラプロの丁寧なアドバイスをいただきながらロールケーキ

を無事に巻け、素敵なケーキを完成することができましたにっこり

一気にクリスマス気分を感じられ、1人1個持ち帰ることができみんな大満足花丸

昨年度卒業した生徒2名も助手として活躍してくれて、生徒の成長を見る良い機会ともなりました音楽

 畠中先生、ご指導ありがとうございました。

0

今週末は飯能の学校説明会へ

生徒募集要項が完成しました。

生徒募集要項はこちらからどうぞ

 

この後、近隣中学校には、生徒募集要項を送付いたしますので、ご活用いただけると幸いです。

中学生の皆さん、志望校が決まっている人、悩んでいる人さまざまだと思います。

悩んでいる人は、まずは何か行動しましょう。例えば、直接高校に行ってみてはいかがでしょうか。

本校では学校説明会を今週末の12月16日(土)に行いますので、ぜひ足をお運びください。

お待ちしております。

0

先生が研究授業から得るもの

本日は年次研修として3名の先生の研究授業を行いました。

研究授業を行う先生にとっても、授業見学する先生にとっても、授業方法などの多くのことを学ぶことのできる大切な機会です。

多くの先生が授業を見学し、授業後に授業担当者と授業について振り返りを行いました。

先生は1時間1時間の授業を大切にし、日々教材研究をしています。また、自分の授業を公開したり、他の先生の授業を見学したりすることで、自身の授業力を高めています。

明日も1名の先生の研究授業を予定しています。今後も積極的に学び続けます。

0

高齢者の気持ちになって体験

2年「家庭総合」では食物分野が終わり、高齢者分野に入りました!

高齢者体験キットを用いて、2人ペアとなり全員が高齢者疑似体験を実施。

ひじと膝を固定、手首と足首に重り、白内障用ゴーグルをつけイヤホンをし、指は医療用テープで固定。装具を外した時にはかなりの解放感があったようです。

生徒の感想は、「周りの声かけが大切、高齢者をいたわりたい、サポートしたい!、今から体力をつけておくことも必要、階段を降りるときに膝が曲がらないのが大変」等でした。近い将来に向けてそれぞれが感じることがあったようです。

 

 

0

2年模擬授業、将来に向けて

11月30日(木)のLHRで、上級学校をお招きして模擬授業を行いました!

現2年生は、昨年も模擬授業を体験し、今年で2回目の体験となりました。

 

第Ⅰ部、第Ⅱ部と2つの講座の授業を受け、さまざまな知識を得るとともに、

将来に向けて、しっかり考えることができました鉛筆

0