2023年6月の記事一覧

探究「ディスカバ!」始まる

1年次の「総合的な探究の時間」の「ディスカバ!」の紹介です。

「ディスカバ!」とは、高校生のためのキャリア支援プログラムであり、探究学習を本格的に取り組む前の練習として、自分にはどんな興味・関心があるか模索しながら、探究のプロセスを体験できるプログラムです。

本日は、初回ということもあり、講師に「ディスカバ!」を立ち上げた桜美林大学の 今村 亮 先生をお招きして、ワークショップを交えながら探究活動についてご講演いただきました。

飯能新校のコンセプトである「探究的な学び」を象徴する一つの取組であり、答えが与えられている問いに代わり、自分なりの答えを探究することを目的としています。

生徒の皆さん、今後の総探にこうご期待!

0

部活動の枠を超えて得るもの

本日は、STAR(一般社団法人スポーツリズムトレーニング協会)認定のインストラクター 渡辺 智典 氏をお招きして『リズムジャンプトレーニング講座』を実施しました。本校の女子運動部活動を盛り上げることを目的に、バスケットボール部、バレーボール部、バドミントン部、ホッケー部合同で実施し、部活動の枠を超えて、お互いを認め合い、励まし合いながらトレーニングを行いました。

テーマは「リズムを変える。表情が変わる。」、内容はリズムトレーニングや、ライフキネティック(脳トレと運動を組み合わせたエクササイズ)です。文字通り、音楽に合わせ、頭で考えながら体を動かすトレーニングです。

生徒は、「今までやったことのない動きや頭の使い方を体験できてよかったです。学んだことを部活に生かしていきたい。」と感想を述べていました。

0

教育現場は変化し続けている

本日は、普段の授業の1つを紹介します。

最近では、プロジェクターを使用する授業は珍しくありません。

生徒たちの手元にはタブレットがありますが、タブレットには授業教材が配信され、生徒自身で加筆したり、赤線を引いたりと後で復習するためのノートとなります。

黒板とチョークで授業をしていた頃と比べると、教育現場は大きく変わりました。

教育現場が変わるためには、教員自身がそのスキルを身につける必要があります。

教員は Google for Education の認定資格取得を目指し、スキルアップを図っています。

今後も時代の流れに合わせて教員も学び続け、さらに教育現場は変化していきます。

0

あなたたちは宝の山なのです

本日は、1年次生に向けて外部講師を招き、「学びみらいPASS」の解説会を行いました。

「学びみらいPASS」とは、高校生の『納得のいく未来づくり』を支援するをコンセプトに河合塾の提供するサービスで、生徒たちの進路に関わる興味・関心をひろげ、“変化の時代”に求められるチカラを客観的に測定するアセスメントテストです。今日特に解説されたのはこの中のひとつ、R-capの結果について、生徒たちにとっては123職種に携わっている3万人以上のデータをもとに判定された自分の適性について知り、進路を考えていく機会となりました。

講師の方からは、「あなたたちは、宝の山なのです!」と力強い、前向きな言葉をかけていただき、グループワークも交えながら未来に向かって第一歩を踏み出したようです。

0

県内5校目のモデル校に指定

本日は、自転車盗難被害防止モデル校指定式が行われました。

県内5校目のモデル校となり、指定書が生徒へ交付されました。

また、生徒会長は、自転車盗難被害の防止に向けて活動していくことはもちろん、地域の皆さんにも自転車盗難について考えてもらうきっかけを作れるように取り組む、と活動宣言しました。

0