2022年3月の記事一覧

総合的な探究の時間 ゼミ(3学年)

今年の3年生の総探の時間にゼミ活動を行いました。そのうちの1つの講座で、日本の飯能高校と海外の学校で1枚の壁画を創りあげようという企画をやりました。

「アートマイル国際協働学習プロジェクト(文部科学省・外務省後援/JICA協力)」というものに参加して、活動しました。

飯能高校と南アジアのパキスタンにある Mansehra Public School and College が協働しました。

 

 

「アートマイルプロジェクト」は、日本と海外の学校が協働学習をし、そのメッセージを1枚の絵に表現します。

今年はSDGsがテーマであり、私たちはその中で地球環境破壊・気候変動について協働学習を進めました。

中央の砂時計は気候変動により枯渇する水と、切迫する時間を表しています。周囲のバブルは、再生可能エネルギー、森林保護、海洋保全、水ATMといった策を提示しています。

0

入学許可候補者説明会

入学許可候補者説明会が行われました。

新入生の皆さんは制服の採寸を始め、体操着や教科書販売などが行われると高校生になるんだと実感している様子でした!

その後の全体の説明会では、高校生としての心構えや進路について、学年主任からは今後の方向性などの話がありました。

厳しい話もありましたが、新入生の皆さんは話された内容を思い出してどのような学校生活にしたいか考えてみて下さい。

あと2週間ほどすると入学式です。飯能高校生となる皆さんの入学を教職員一同楽しみにしています。

0

総合的な探究の時間 ワークショップ(2学年)

2学年の生徒は総合的な探究の時間で、飯能について調べたりコンセンサスゲームヒアリング等、様々な活動をしてきました。その仕上げとして今回はワークショップです!

社会課題に関するデータを共有しながら、他者と対話する体験を提供し、対話リテラシーを獲得する第一歩を踏み出すことをねらいとして取り組ませました。

全体の活動を通して「自分の言葉が上手く伝えられない、意見をまとめるのが難しい」等の感想が出ました。

しかし、私たち教員から見ると成長している姿が見受けられました。本人たちは自信がないようですが、確実に力をつけています。

また、今回のワークショップを通して「答えが確実にあることばかりではない」ということ、そのような場合は「対話」が大切だということも忘れないでもらいたいです。

0

行政書士講話(2学年)

2022年4月から成年年齢が18歳に引き下がり、現2学年の生徒が第一号となります。

しかし生徒たちは実感がない様子なので、今回は行政書士の方々にお越し頂きました。

保護者の同意なく様々な契約をすることができるが、その分責任も負うことになる、と聞いた生徒は不安に思ったのか、様々な質問をしていました。

最後に行政書士の皆さんから、「トラブルに巻き込まれた時には一人で抱え込まずに、相談をしてください」と言っていたので、学校としても引き続き指導をしていきたいと思います。

0

ヒアリング(2学年)

ついにヒアリング当日となりました!

自己PR等を含め、1人10分程度の面接です。用意していたにもかかわらず上手く話すことができていない生徒がたくさんいました。

頭の中で考えるのと、実際にやってみるのとでは違うことを実感してくれたら大きな収穫です。

自分の強みや弱み、人から指摘されて気づくこと等、生徒にとっても実りある時間になったと思います。

2年生ももうじき終わり、ついに3年生です。自分の将来を左右する進路活動に向けて頑張って欲しいです。

0