2015年10月の記事一覧

中学生が高校の授業・部活動を体験しました


 

 10月7日に飯能市内の5中学(吾野中、南高麗中、飯能西中、美杉台中、名栗中)の2年生が飯能高校を訪れ、高校の授業・部活動を体験しました。この上級学校訪問は、飯能市内の中学・高校連携事業の一環として実施され、今年で7年目になります。

授業講師は、市内5高校(自由の森学園高、大川学園高、聖望学園高、飯能南高、飯能高)の教諭が務めました。音楽の授業では、本校田代教諭の指導の下、バイオリン演奏に挑戦しました。また本校蘆名(あしな)教諭が担当した社会科では、ペットボトル飲料を例に、もの値段どのようにして決まるのか考えました授業の後はそれぞれの希望に分かれ、飯能高校の生徒とともに部活動を体験しました。

中学生にとって将来進路を考えるきっかけなった思います。なお11月20日には、飯能一、原市場生徒対象に2回目が行われます。

0

名栗小学校・名栗幼稚園で実習しました


 

3年の「こども文化(家庭科)」選択者が、9月30日に名栗小学校・名栗幼稚園を訪問し、先生のお手伝いをさせていただきました。実習では、全員が自作絵本の読み聞かせ行いました。この絵本は、それぞれ自分で物語を考え、自分で描いたものです。児童・園児らは、みんな目を輝かせて聞き入っていました。こどもたちと接することを通して、保育士・幼稚園教諭への夢を新たにしました。

0