公開授業による研修で授業力アップを

 11月25日の公開授業は、体育と音楽でした。それぞれ実技科目ですが、充実した授業が展開されていました。

 3限 1年生の体育はバレーボールでした。今日はレシーブとサーブの個人練習が主な内容です。アンダーハンド・オーバーハンドのレシーブや、サーブの練習と、初心者にとってはなかなか難しい課題に見えました。個別練習の間で、ポイントを要領よく熱心に説明する教員に対し、生徒が少しでも上達しようと真剣に聞き入る姿勢が印象的でした。

4限 1年生の音楽では、「椰子の実」の楽譜に自己のアイディアで強弱をつけるという課題です。音楽の表現は、詩の内容や旋律の音高によるということを理解した上で、曲に強弱をつけるというなかなか高度な内容でした。エキスパート活動・ジグソー活動により班ごとに話し合い、結論を導き出し、クロストークによってまとめをするという進め方でした。各活動では、よい雰囲気で話し合いが進み、友だちと協力しながら班のオリジナルの楽譜を完成させることができました。最後に各班考えられた強弱をもとに、「椰子の実」を歌いました。