気持ちと共に送りました

特定非営利活動法人 SB.Heart Stationさんの
"フィリピン,カンボジアの子供たちに靴を贈る活動"に協力し,
20年度卒業生達が体育館シューズを提供してくれました。
また,卒業式後にも関わらずシューズの詰め込みを
ボランティアで作業してくれた人たちへ,
担当の先生からメッセージを掲載します。

 

【体育館シューズの提供ありがとうございました
 ボランティアで参加してくれた諸君、その働きに感謝します】

3月10日(水)の卒業式後の多くの諸君が体育館シューズを提供してくれました。
ありがとうございました。
集められた体育館シューズは最終的にダンボール7箱分にもなりました。
予定通り午後1時30分に配送業者が来て、積み込み午後2時前には送り出せました。
11日(木)にはNPO法人SB.HeartStationに到着予定です。その後、手続きの完了後、
アジアの国々の子どもたちに向けて出荷されます。
その地において諸君らの体育館シューズが第2の役割を果たすことになります。

ボランティアでダンボール箱への積み込み、玄関先への運搬等に
関わってくれた諸君もありがとうございました。
人がごった返していたため十分な御礼と挨拶もできず失礼しました。
諸君らの働きなければ効用に順調には進まなかったと思います。
重ねて感謝の意を表したいと思います。