落語を鑑賞しました

飯能市民会館において芸術鑑賞会が行われました。

これは3年に1回行われる学校行事です。

今回は古典芸能としての寄席の鑑賞で、
開演前に鳴らす太鼓の意味や、
落語では扇子と手拭いを用いて
さまざまな道具を表現することなど、
分かりやすく解説してもらいました。

生徒職員ステージに上がって曲芸に挑戦する場面では、
会場全体が盛り上がりました。
テレビとはひと味違った噺家の
仕種を味わうことができ、楽しいひとときでした。