2月15日 総合的な探究の時間(2学年)

今年度最後の総合的な探究の時間です。

今まで地域に焦点を当てて新しく生み出せないかを模索してきました。しかし中々上手くアイデアがでなかったこともあり、今回は自分自身についても知っていく活動をしました。

自分の強みは何か、高校生の強みは何かを考えてもすぐに出せる生徒は少なく、自己認識や自己肯定感の低さにも気づいていました。しかし自分の弱みは強みに変えることができます。周囲の生徒から言われて気づく強みもあり、今後の進路活動に活かして欲しいです。

最後に「自分×高校生×飯能高校」を掛け合わせて何か新しいこと(もの)を生み出す活動をしました。

自分の強みをどう活かすのか、を考える活動は、将来就職活動をする時にも役に立ちます。

1年間、総合的な探究の時間を通して生徒たちは周囲を観察する力や自分自身を知る大切さ、人に伝えることの難しさ等を学んできました。人生で大切な力です。まだ1年間高校生活はあるので、1日1日大切に過ごして欲しいです。