日誌

主権者教育で選挙について学びました

12月2日(火)6限の「総合的な学習の時間」で2学年では、主権者教育をおこないました。飯能市選挙管理委員の方から、公職選挙法の目的や選挙活動について、講演をいただきました。飯能高校の卒業生で現在選挙管理委員会担当の大野さんの話は、とてもわかりやすく、選挙のことが少し理解できたようです。

講演後、本校の選挙管理委員の生徒が、実際の器財をもちいて模擬投票をおこないました。また、今日参加していただいた駿河台大学の選挙サポーターの方からは、若い世代なりの選挙への疑問やとまどい、そして、投票に参加する重要性を話していただきました。

来年は投票権も得られる年齢になります。積極的な参加を望みます。

0

チアダンス部3年振り全国1位!!!

11月30日(土)武蔵の森総合スポーツプラザで行われた全日本チアダンス選手権大会高校生編成JAZZ部門に出場し、3年ぶりとなる王冠全国1位王冠を獲得することが出来ました。

 

10月に行われた関東予選を1位で突破し、挑んだ今回の全国大会!!

この2年間はあと一歩で敗れ、悔し涙をたくさん流してきました。その経験があってこその今回の1位だと思います。

2分5秒の演技にすべての思いを込め、踊り切りました。

 

会場には保護者の皆様をはじめ、在校生、卒業生など過去にないほどの応援をいただき、本当にありがとうございました。

今回の大会を持ちましてBLUE ROSESを引っ張ってきてくれた3年生引退となります。全国大会優勝という有終の美を飾ることが出来ました。

 

次の大会に向けて部員一同頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

 

 

0

公開授業による研修で授業力アップを!

26日(火)の公開授業は、1年国語総合で『夢十夜』の読解をしました。夢診断の手法を用いながら「第六夜」を読み解くという内容です。

生徒は診断書を模したプリントに取り組みながら、真剣にテキストと向き合っていました。小説を読み味わう難しさ、奥深さを感じられたようです。

0

公開授業による研修で授業力アップを

 11月25日の公開授業は、体育と音楽でした。それぞれ実技科目ですが、充実した授業が展開されていました。

 3限 1年生の体育はバレーボールでした。今日はレシーブとサーブの個人練習が主な内容です。アンダーハンド・オーバーハンドのレシーブや、サーブの練習と、初心者にとってはなかなか難しい課題に見えました。個別練習の間で、ポイントを要領よく熱心に説明する教員に対し、生徒が少しでも上達しようと真剣に聞き入る姿勢が印象的でした。

4限 1年生の音楽では、「椰子の実」の楽譜に自己のアイディアで強弱をつけるという課題です。音楽の表現は、詩の内容や旋律の音高によるということを理解した上で、曲に強弱をつけるというなかなか高度な内容でした。エキスパート活動・ジグソー活動により班ごとに話し合い、結論を導き出し、クロストークによってまとめをするという進め方でした。各活動では、よい雰囲気で話し合いが進み、友だちと協力しながら班のオリジナルの楽譜を完成させることができました。最後に各班考えられた強弱をもとに、「椰子の実」を歌いました。

0

公開授業による研修で授業力アップを!!

 今月は学力向上を目指した授業公開期間です。その期間アクティブラーニングの授業を公開し、教員の指導力の研修をはかっています。

 21日(木)3限 2年生の生物基礎の授業では、自律神経の働きについての勉強です。「恋をするとさまざまな身体反応が起こるのはなぜだろう」という疑問を、エキスパート活動・ジグソー活動により班ごとに話し合い結論を導き出し、クロストークによってまとめをするという内容でした。『恋をすると心臓がどきどきするのはなぜ?』『恋をすると食欲がなくなるのはなぜ?』『恋をすると目がキラキラするのはなぜ?』という3つの課題について話し合う中で、各班の結論が導き出されていきました。生徒は、自分の体験等も踏まえ、活発な意見交換をしていました。

  また、1年生の現在社会では、「現代の企業」の学習の一環で、企業がもうけるためにはどんな価格設定が必要かという授業がおこなわれました。文化祭で「サンドイッチ」と「飲み物」を売るという仮定のもと、どんな価格に設定するのがよいか各自考えることにより、現代の企業についての理解を深めていました。この考えを身につければ、文化祭の売上も飛躍的に伸びるのではないでしょうか。

 

0