日誌

高大連携事業 フードデザイン

武蔵野調理専門学校 中村昌次先生に3年フードデザインの授業で,
「飾り切り」の授業を行っていただきました。
生徒たちも苦戦しながらも「より菊」「桜花大根」「蝶々」「松葉胡瓜」の
4種類の飾り切りを体験。ご指導のおかげで,生徒達も飾り切りができるようになり,
授業時間が終了しても誰も手を止めずに夢中になって切っていました。
中村先生の高度な技術に感動し,貴重な体験ができ,生徒も大変喜んでいました。

  

   

0

高大連携事業 スポーツ総合演習

本日は、武蔵丘短期大学より高橋琴美先生をお招きして、スポーツ医学の授業を行いました。
怪我の応急手当について、座学形式で学び、その後1人で行うテーピング実習を行いました。
先生から生徒一人一人、テープの切り方から固定の仕方まで丁寧に指導していただきました。
テープを手で切ることに苦戦している生徒もいましたが、チャレンジをしていくうちに、
きれいに固定された自分のテーピングをみて大変うれしそうでした。
生徒代表の宮崎さん(金子中)『私は、スポーツ関係の仕事を将来考えているので、
今回応急手当やテーピングの仕方を学べたのは大変ありがたく、今後に活かそうと思いました。』

  

  

0

期末考査目前!

7月17日(金)より,1学期期末考査が始まります。
今年度当初は臨時休業があり,Google classroomで新クラスがスタートしました。
そこで,各教科ごとにclassroomからの課題の提示や,動画配信による授業,
スタディサプリを利用しての課題などで,自宅での学習を行いました。
6月に入り,2週間の分散登校を経て,現在はほぼ通常通りの授業になってきています。
(一部,体育や理科の実験等,制限のあるものもあります。)
クラスメイトとも馴染んできたところで,最初にして最大イベントの『考査』が
目前まで近づいてきました。多くの生徒が現在がんばっています。
皆さんの努力が良い結果に繋がることを願っています。

  

職員室西側通路の学習スペースにて勉強している様子   

 

困ったところを先生に質問している様子

 

3年進学クラスには壁に書き込みスペースを用意し,普段からみんなの考えをぶつけています
右は理解した生徒による解説

0

祝!すみっコ図書館,文部科学大臣賞受賞!

飯能高校に詳しい方なら"おなじみ"の飯能高校図書館,
通称『すみっコ図書館』がこの度,文部科学大臣賞を受賞いたしました!
(すでに先日,当HPの『図書館のお知らせ』にて投稿済み→こちら)

ではほんの一部ではありますが,すみっコ図書館をご紹介。

まず,他の学校にはない唯一無二のコーナーが多くあります。
例として癒しのコーナーの
[飯モック(ハンモック)][まんなCafe・スミーバックスコーヒー(Cafeが飲める)]
[すみっコタツ(冬にコタツが登場)][すみっコンパニオン(ぬいぐるみの貸出)]
[すみっコ鉄道(プラレールが走る)]と心も身体もほっこり休まる場所もあれば,
[勉学者の聖地]と名付けられた学習者用にゲーミングチェアが設置されたコーナーも!
さらには[職員室出張所]もあり,ここには新刊や,話題の本など,
先生たちが『今』欲しい本が置かれていて,とても気軽に本を手に取れます。
また,図書館独自のイベントも多く,日ごろからビブリオバトルや
激マズの飲み物を作る選手権(正式名称忘れました)など盛りだくさんです。

そんなテーマパークのように夢の詰まった図書館は
実は本校の中で非常にアクセスの悪い場所にあるんです(だからすみっコ)。
それでもぜひ足を運んでください!アイディアとユーモア,
優しさがたくさん詰まった司書の湯川さんが暖かく出迎えてくれます♪

 

↑賞状を持った湯川さんと
すみっコンパニオンたち

 

0

学食再開

分散登校も終わり,飯能給食さんのご協力もあって食堂の営業が再開しました!
(商品を一部に限定しての営業です)
順番を待っている際には間隔を開けて待つこと,同じ方向を向いて食べること等,
感染予防をしながらの営業ですが,学校生活も少しずつ戻ってきています。

0