飯能高校すみっコ図書館へようこそ

 

 

 

飯能高校の最北東端、最上階にあるその

場所は、「秘境」と呼ばれ、挑む者に絶

望を与える厳しい環境にある。いつしか

魔物が棲みついているという噂が立ち、

生徒は全く寄りつかず、先生方も怖れて

立ち寄らなくなったという。本の森を求

めさまよう冒険者は流浪の果てにここに

たどり着き、探検の末、未知なる生物と

文明が多数存在することを発見した。 

 

   冒険者はここを「すみっコ図書館」と名付け、訪れる者たちが安心して過ごせるようみずから 案内人と

  なった。いつしか案内人は「司書」と呼ばれるようになり、今もこの地を訪れる者たちに「すみっコ図書館」を

  案内し続けている。

すみっコ図書館への5つの入口 お好きなところからどうぞ

  

 

見ないと損する!すみっコ図書館ニュース

司書の図書館コラム(第7回)

図書館で本を探している際にどの分野を見れば良いかわからない時はありませんか?
最近はパソコンで検索すると場所を教えてくれたりしますが、
「え!?そこ?なんで??」なんてことが起きたりします。
今回はその部分を少しでも解消すべく、動き出した本校の名物司書の湯川さんと
湯川さん(と気になるあのコ)が大好きな図書館の住人の高3男子のお話です。
「1/3も伝わらない純情な感情」と「DANCIN'IN THE SUNなよこしまな気持ち」
(どちらも古くて伝わらないネタになりそうですが・・・)のやりとりで行われた
飯能高校図書館新コーナー設立計画とは・・・!?
PDFはこちら→朝日2021.3.11.pdf

0
2015年1月から
4 5 2 0 7