日誌(定時制)

皆既月食&天王星食 観測会

令和4年11月8日(火)

 

地学の授業にて、皆既月食と天王星食の観測会を行いました。

天王星食とは、天王星が月に隠される現象です。

今日のように皆既月食と惑星食が重なるのは1580年以来の442年ぶりだそうです!

今回は屋上で望遠鏡を使って観測しました。他のクラスも授業の合間に見に来てくれました。

星を見るのも、屋上に上がるのも、望遠鏡をのぞくのも、生徒の皆さんにとっては非日常的で楽しんでくれた人も多かったと思います。授業で天体観測できるのは夜間定時制の特権ですね。

       【写真】観測会の様子

観測中、「月食はどのように起きるか」、「月がなぜ赤銅色になるのか」などの質問があり、理科教育として良い教材になりました。

また、生徒から、スマートフォンのカメラで望遠鏡の像をとらえた写真を頂きました。

【写真】月食中の月に接近する天王星(左下) (撮影:1年 斉藤友果さん)

【写真】天王星食の瞬間 (撮影:2年 森田千優さん)

今回のように皆既月食と惑星食が重なるのは、次は322年後の2344年の土星食だそうです。

天文学的には“超世紀的”に希少なイベントを皆さんと共有できたことを感慨深く思います。