日誌(定時制)

飯定日誌

令和3年度新入生歓迎会

令和3年4月16日(火)

 

令和3年度新入生歓迎会を開催しました。

当日のプログラムは、新入生への各委員会紹介と生徒会役員紹介、新入生と本校教職員の紹介スライドショー、ステージでの教員インタビュー、昨年度学芸祭作品上映、歓迎の言葉、新入生代表の挨拶でした。

 【当日の様子】

新入生紹介スライドショーでは、新入生の写真とアンケートの内容を編集しスライドショーで上映しました。

新入生は自分の写真が映されると、恥ずかしそうにしていましたが楽しそうにもしていました。

 

教員インタビューでは、生徒会役員が今年度赴任してきた教員を含む4名にインタビューを行いました。

生徒会役員は緊張し早口になったり声が小さくなっていましたが、教員のサポートもあり最後までやり切りました。

 

各委員会の代表者、生徒会役員、新入生の代表者の生徒たち皆が堂々した面持ちで話していました。

新入生の皆さんには、無理の無いペースで学校に慣れていってもらえたらと思います。

 

【生徒の感想】

・入学したばかりだったので、自分と同じクラスの人や教科担当の先生を知れたのがよかった。

・自分のが出てきて恥ずかしかったから。

・教職員のビデオ写真、インタビューの癖が強くて面白かった。

・1年生を知れて良かった。

令和3年度入学式

令和3年4月9日(金)

 

埼玉県立飯能高等学校・定時制課程の入学式を挙行いたしました。

【入学式の様子】

 

まだまだ新型コロナウイルス感染症が予断を許さない状況ですが、本年度は保護者の方々に御臨席を賜りました。

新入生の皆さんがより良い学校生活を送れるよう、教職員一同、全力を尽くしてまいります。これからよろしくお願いいたします。

新入生の保護者の皆様も、これから本校の教育活動の御理解と御協力を、何卒お願い申し上げます。

一期一会

令和3年3月30日(火)

 

今年度いっぱいで御栄転、御退職される方々にささやかな送別会を行いました。

勤務年数の長短はありますが、飯能高校定時制の発展のため、また、生徒の皆さんが過ごしやすい学校生活を送るために御尽力いただいた方々です。

 

御栄転・御退職される方々へのプレゼント

 

これまで御尽力いただいた皆様の、新たなステージでの御活躍を願っています。

 

御栄転・御退職される皆様に飯能高校定時制の活躍が届くよう、私たちも頑張ってまいります!

 

4月から新しい方々を迎えてのスタートです。

新生・飯能高校定時制をよろしくお願いいたします! 

レク大会

令和3年3月22日(月)

今年度、最後の行事は本校の体育館で行われたレク大会でした。

学年混合の4チームに分かれて、サイレントラインナップ、絵スチャーリレー、風船送りゲーム、ポーズ合わせの4種目の対決でした。

 

1種目のサイレントラインナップは、声を出さずにジェスチャーのみでお題のとおり順番に並ぶゲームです。

お題は「名前の順」「誕生日の早い順」でした。

 声を出したら減点になるので、生徒たちは手や体を使ってコミュニケーションを取っていました。

 

 

2種目の絵スチャーリレーは、出題されたお題をジェスチャーまたは絵で伝える伝言ゲームです。

生徒たちは、ジェスチャー担当の生徒は一生懸命に体を動かし、絵担当の生徒はペンを走らせてチームのメンバーにお題を伝えていました。

  

3種目の風船送りゲームは、ボードに乗せた風船を落とさず決められたコースを戻ってくるゲームです。

 風船を落としたり、風船が体に触れると反則になり、戻らないといけないので生徒たちは必死になって風船を運んでいました。

 

 

最後の4種目のポーズ合わせは、出題されたお題のポーズを相談せずに一緒のポーズをするゲームです。

それぞれ、ボウリング、鉄棒、ウサギ、ゴルフというお題でしたがポーズは合っているでしょうか?

 

4種目の激戦の結果、総合優勝は………、Cチームでしたっ!!

おめでとうございます。

 

レク大会が今年度最後の行事になりましたが、生徒たちはワイワイ楽しそうにしていたので良かったと思います。

消費者教育講演会

令和3年3月18日(木)

埼玉司法書士会所属の中島司法書士事務所から講師を本校にお招きして、消費者教育講演会を行いました。

契約の成立、契約成立の効果、契約の無効・取り消し、契約する際に特に注意する点、契約のトラブル等についてお話しいただきました。

 

 トラブルの原因の多くは契約の内容の細かいところまで見ていない点であるとして、契約書がなぜ必要なのか、通販サイトを利用して定期購入する際に見るべき点など、自分の身を守るために身近な例を挙げてご説明いただきました。

 

 難しい内容もありましたが、生徒は資料をめくりながら熱心に聞いていました。

生徒たちがこの講演を通じて契約についての理解を深めてもらえたらと思います。

進路ガイダンス

令和3年3月17日(水)

進路ガイダンスで、就職支援アドバイザーの方からご講演をいただきました。

講演の様子

 

高校に進学する、学年が上がる、高校を卒業するということは、それぞれステップアップするということ。

ステップアップするということは、それだけエネルギーが蓄えられているということ。

そのエネルギーを正しく認識するために、各ステップごとに目標を設定し、振り返ること。

そんなことを学びました。

 

また、採用試験等の際に、自分の中にどんなに熱意を持っていたとしても相手に伝わらなければ熱意を持っていないのと同じ、という言葉も生徒には刺さったのではないでしょうか。

 

正しく自分を表現するために、正しく自分を見つめなおす。まさしくキャリア教育の本質ともいえるお話でした。

社会体験活動(講演)

令和3年3月16日(火)

社会体験活動として、ハッシャダイの方から"Choose Your Life(自分の人生を自分で選択しよう)"というテーマでご講演をいただきました。

 

 左:本校教員による講師の方のご紹介

中央:ご講演の様子

 右:メッセージ「出来ないことが出来るようになると、出来ない人に貢献できる/新しいことが出来るようになると仕事になるし、社会で求められる」

 

講演の中でこんな問題がありました。

「ゾウの平均寿命は56歳と17歳。どうして2種類あるのでしょうか?」

 

ホームページをご覧の皆さんはわかりますでしょうか。

答えは、

「野生のゾウと動物園のゾウの違い」だそうです。

 

では、どちらが56歳でどちらが17歳でしょうか。

 

直感的には野生のゾウの方が寿命が短いように感じますが、実は野生のゾウの方が寿命が長くなる傾向があるそうです。この違いは、「自分の人生を自分で選択しているか」にあるのかもしれません。そんな話から、「与えられるだけの人生と、自分で選んでいく人生、より充実した人生は?」ということを、講師の方の体験談を軸にお話ししていただきました。

 

自分のキャリア、進路を見つめなおす良いきっかけになりました。

ハッシャダイの方々、ありがとうございました!

 

第72回卒業証書授与式

令和3年3月10日(水)

埼玉県立飯能高等学校・定時制 第72回卒業証書授与式

式前の表彰の様子

 

卒業証書授与式の様子

 

式後の担任挨拶と、卒業生・保護者の皆さまへの様子と退場の様子

 

本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止として、卒業生、保護者各ご家庭1名、教職員のみの式でしたが、あたたかな式となりました。

 

卒業生の皆さん、4年間お疲れ様でした。決して楽な4年間ではなかったと思いますが、本校で学んだことを糧に、これからも頑張ってください。

保護者の皆さま、日ごろより本校の教育活動にご理解・ご協力を賜り、誠にありがとうございます。そして、お子様のご卒業、誠におめでとうございます。

 

教職員一同、卒業生の皆さんのこれからの活躍を楽しみしています。

 

卒業、おめでとう!!

令和2年度予餞会

令和3年3月9日(火)

本校視聴覚室にて卒業式予行と予餞会を行いました。

卒業式予行の様子。新型コロナウイルス感染拡大防止策として、予行は4年生と3年生のみで行いました。

卒業式の予行中、1年生と2年生は「将来の為に考えてみよう!!」というワークを行いました。

 

予餞会の様子。ジェスチャーゲーム、私は誰でしょう、vs.4年担任などの様子。

その他、思い出ビデオ上映なども行いました。

 

在校生から卒業生へのメッセージの様子。

 

「卒業生から在校生へ」の様子。

 

令和3年度入学許可候補者発表

令和3年3月8日(月)

先日行われた学力検査・面接の発表日です。

【発表掲示板(左)と案内の立て看板(右)】

本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、ホームページ上で入学許可候補者の受検番号を発表後に学校で掲示という順番でした。

自宅等で番号を確認したためか、掲示板を確認する人は少なかったですが、きっと合格を確認したときはほっとしたと思います。

【選抜結果通知書・入学手続き関係の書類を受け取る様子】

 

本校を合格された受検生の皆さん、お疲れ様でした。

4月からの皆さんの高校生活を教職員一同全力で支えていきます。

なお、3月29日(月)の13:30から、本校で入学許可候補者説明会を行います。合格した受検生の皆さんは忘れずにお越しください。

映画鑑賞会

令和3年3月3日(水)

本日は映画鑑賞会でした。例年、映画鑑賞会は2学期の全日制が文化祭を行っている日に校外学習の一環として行っていますが、本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止関連で、3学期に、本校で映画鑑賞会を行うことになりました。

映画前の諸注意(左)、鑑賞中の様子(真ん中・右)

 

比較的短い映画を鑑賞しました。

恋愛物の映画でしたが、生徒の感想を読むと、登場人物に感情移入したり、映像美の感動したりと、楽しんでいた様子がうかがえました。

 

このような機会をきっかけに、文学作品、映像作品、芸術作品に多く触れ、情操豊かな心を育んでいって欲しいと思います。

令和2年度 第2学期終業式

令和2年12月24日(木)

 

本日は第2学期終業式が行われました。

終業式も新型コロナウィルス感染拡大防止のため、各教室で実施しました。

校長講話では、2学期間を労う言葉や冬休みの過ごし方、各学年へ向けたメッセージがあり、生徒はしっかりと耳を傾けていました。

しっかりとした姿勢で聞いています。挨拶を褒めてもらいました。

 

 

 

 

1学期に引き続き、2学期も制約が多い学期でしたが、生徒のみなさん、よく頑張りました。冬季休業中も健康管理を徹底して、よい新年を迎えてください。

1月8日(金)の始業式で会えるのを楽しみに待っています。

 

 

 

県立学校等公開講座中止のお知らせ

令和2年12月23日(水)に開かれた新型コロナウイルス対策本部会議を受け、県有施設を令和2年12月24日(木)から令和3年1月17日までの間、閉館することとなりました。

 

これに伴い、上記期間中に開催される県立学校等公開講座については中止させていただきます。

 

ご都合をつけて申し込みしていただいた方々には大変申し訳ございませんが、ご理解のほどお願い申し上げます。

第2回SST(ソーシャル・スキル・トレーニング)

令和2年12月22日(火)

 

本日は自立支援事業の一環として、第2回SST「バスは待ってくれない」を行いました。

※SST(ソーシャル・スキル・トレーニング)とは社会で人と人とが関わりながら生きていくために欠かせないスキルを身につける訓練のことを指します。

 

グループに分かれて、大きな白地図を埋めていく作業です。

各メンバーに4枚ほど情報の書かれた紙が渡され、その紙を他の班員に見せることなく、口頭だけで情報を伝え、地図を完成させるというものです。

メモを読み上げる人は地図を触ってはいけないルールなので、紙に書かれた情報を正確に、時には適切に咀嚼して相手に伝える必要があるので、コミュニケーション力がカギとなるアクティビティでした。

 

左:サポートステーションの方々のご紹介、右サポートステーションのご案内

活動の様子と活動後の感想発表

 

 

コミュニケーション力はどのような進路に進んだとしても必要になるスキルです。

相手に正確に情報を伝える難しさと大切さを学べる貴重な機会でした。

 

SSTの準備に携わっていただいたサポートステーションの方々、ありがとうございました。

 

薬物乱用防止教室

12月17日(木)

非行防止指導班「あおぞら」から講師2名を招いて、本校視聴覚室で薬物乱用防止教室を開催しました。

 

PowerPointを使用して薬物の危険性を示したスライド上映、大麻を使用した大学生のドラマを上映するなど、生徒たちにもイメージしやすく身近でわかりやすい講演をしていただきました。

大麻の初回使用率は20代未満から20代が多い、使用した理由は好奇心・興味本位やその場の雰囲気が多い、大麻や覚醒剤などに別の名称があるなど、自分たちの身近なところに薬物乱用の危険性があるということがわかったと思います。

 高校生の薬物乱用以外にも高校生の闇バイトのことも触れていただき充実した講演でした。

 

<生徒たちの感想>

・ハーブやアロマ、野菜などと言うこともあると聞いて、結構身近に危険が潜んでいるかもしれないと知りました。

・かぜ薬も大量に飲むと薬物乱用だと知りました。

・話だけでなくDVDも見せて頂いて、イメージが付きやすかったです。

令和2年度 生徒会役員選挙

12月3日(木)

飯能高校定時制の生徒会役員選挙が本校の視聴覚室で行われました。

推薦者と立候補者の生徒は生徒の前に立ち、自分で考えた文章の演説を行いました。

人前に立って話す経験が少ない生徒たちですが、堂々と立って各々の熱意を伝えていました。

 演説を聞き終えた後、生徒たちは投票用紙を受け取り各学年ごとに廊下に出て投票を行いました。

後日開票を行いました。

結果、立候補者全てが生徒から信任を受け、新しい生徒会役員が決まりました。

旧生徒会役員との引継ぎも終わり、新生徒会役員には昨年度に負けないくらい頑張ってもらいたいです。

軟式野球部 5校合同チーム4年生引退試合

11月7日(土)、埼玉県立大宮工業高等学校のグラウンドにて、5校合同チームの4年生引退試合が行われました。

集まった生徒たちとキャッチボールやノックを受けた後、2チーム(東軍・西軍)に分かれて紅白戦を行いました。

合同チームでキャプテンを務めた長島は東軍のピッチャーで出場し、最終回6回まで1失点で投げ切りました。 

 

 

 

 

 

 

 

  生徒が足りないポジションは教員も参加し、飯能高校の井無田教諭は東軍のセンターで出場しました。

豪快なフルスイングはチームに活気を与えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果は10ー1で、 東軍が勝利しました。

試合終了後、この試合で引退になる4年生から一人ひとり今まで野球をしてきた想いを話してもらいました。

4年生は引退になりますが、3年生以下の部員がいるので今後とも応援よろしくお願いいたします。

在り方生き方教育・「あなたが考える『いのち』とは?」

令和2年11月5日(木)3限

 

在り方生き方教育の一環として、本校教員による「あなたが考える『いのち』とは?」について講義を行いました。

「ヒトのいのちはどこからか」という問題について、考えてみました。

法的な面だけでなく、さまざまな視点から、答えの出ない問いへのチャレンジです。

明確な答えはありません。この講義を聞いて、またこれから自分の人生を生きて、様々なことを経験していろいろ考え方が変わっていくと思います。普段は意識しないけれども、大切な問題について、立ち止まって考えてみました。

 

講義の様子。「講義→ワーク→講義→ワーク…」と、適宜自分の考えを確認しながら進めていきました。

 

講義後の感想では、「いのち」についての考え方が変わった、変わらなかった、安易に考えてはいけないと感じた、などなど、生徒たちもいろいろ考えるきっかけになったようでした。

令和2年度学芸祭

令和2年10月30日(金)

 

本年度も、飯能高校定時制の学芸祭は、例年通り各学年の映像制作を行うことができました。

「三密を回避する」、「適宜、手洗い消毒を行う」、「マスクの着用を原則とする」などの新型コロナウイルス感染拡大防止策を行った上で映像制作を行いました。

 

学芸祭当日も、例年は保護者の方々にご覧いただいていますが、感染拡大防止の一環として、在校生と職員のみで各学年の映像作品を鑑賞しました。

 

 

学芸祭実行委員による、司会と委員長あいさつ

左:1年生作品紹介、真ん中:作品タイトル、右:制作物制作風景

※1年生は「サボさん」と「コッシー」の制作と、制作風景を動画にしました。

 

左:2年生作品紹介、真ん中:作品タイトル、右:動画冒頭シーン

 

左:3年生作品紹介、真ん中・右:動画シーン

※3年生は、1年生の時に制作した映画のリベンジということで、「探偵の憂鬱 新」を制作しました。

 

左:4年生作品紹介、真ん中・右:動画シーン

※4年生は「仮面の剥がし方」というタイトルの作品を制作しました。

 

教員制作の、「総合的な探究の時間」「部活動」「給食」紹介ビデオ

本校では、「総合的な探究の時間」に本年度各教員が設定した講座を生徒が1年間受講するという形式をとっています。そのため普段は見ることのないそれぞれの講座でどのような活動が行われているかの紹介ビデオを作りました。

また、毎日おいしい給食を作ってくれる給食業務さんの舞台裏にも潜入し、それを紹介するビデオも作りました。

 

優秀作品、最優秀作品の表彰、教頭講評

本年度は1・2年生に優秀作品賞、4年生に最優秀作品賞が送られました。

優秀作品、最優秀作品はあくまで生徒の投票結果です。どの学年も、連日遅くまで作品の制作を行ってました。ここで培ったコミュニケーション力、企画力、忍耐力、不測の事態に対応する応用力などはきっと社会に出た時に役立つと思います。

 

学芸祭当日、社会科室にて書道や家庭科の作品、黒板アート、1年生の制作した「サボさんとコッシー」を展示しました。

 

コロナ禍で様々な制限がありましたが、その中でできることを模索し、例年に劣らない学芸祭が実施できました。

来年度は、コロナウイルスが終息して、より多くの方々に見てもらえるよう願っております。

軟式野球部 県民総体2回戦

 

県民総体2回戦も雨天延期となり、18日(日)の開催となりました。

 

相手は昨年度敗退した優勝候補の清和学園です。

 

1回から相手のバッティングに圧倒されながらも、守備で上手く連携を取り、なんとか攻撃を抑えます。

 

キャプテン長島は3番ピッチャーで出場、三振やピッチャーゴロでアウトを取り、守備で貢献します。

 

攻撃側でも、相手のミスを誘い1回から点数を取り、相手のピッチャーを2人打ち負かすことができました。

 

2回まで同点で互角の戦いを見せ、昨年度からの大きな成長を感じました。

  

しかし、3回以降も相手のバッティングは衰えず、得点を重ねられます。

 

5校連合の攻撃は相手3番手のピッチャーに抑えられ、点を取ることができません。

 

結果、9-2でコールド負けとなりました。

 

これで、4学年は引退となります。

 

5校集まった1つのチームで野球をやれたのはとてもいい経験だったと思います。

 

来年度以降もこのような形でも大会に出場できたらと思います。

 

応援ありがとうございました。